暮らしとデザイン 手作りを楽しむためのアイディア Like a bird

like a bird

感性で捉えることは得意! だけど……

感性で捉えることは得意!だけど……

日本人は様々なことを感性で捉えることが上手なわりに、
感性をロジックで捉え直すことは不得手なのではないかしら…
と、感じることの多いこのごろです。

例えば、女性のファッション誌といったら、
ものすごい数が存在しますよね〜
ファッション・ブランドもすごい数……

そして、それぞれの人が
自分に合う(と感じる)
雑誌やブランドを選んでいます。

きっと、あなたも、好きな雑誌やブランドが
あるでしょう?
(全部同じに見えてきたら、感性が衰えてきた証拠かも?!)

何故、その雑誌を選んだの? ときかれても
うまく説明できないけれど
でも、
「なんだか、好き」なんですよね。

「なんだか、好き」という感覚、
これが、感性というもの…

おそらく、日本人は「感性」がとても細やかなのだとおもいます。
日本人の、とても素敵なところですよね!

しかしながら…「好き」と「似合う」は違う

「好き」と「似合う」は違う…
というキビシイ現実もあります・笑

素敵! と思って買った服なのに
あぁ、似合ったのはモデルだからかぁ…
なんて、感じたことはありませんか?

失敗をくり返さないために…あたりまえだけど大切なこと!

 

同じ失敗をくり返す! ということもありますね……
そう「感性」だけでは失敗するんです。
しかもくり返す!

失敗の原因が色なのか、形なのか、素材なのか?
ということを理解し、
さらに、
自分に似合う色や形、素材を見つけることができたら
失敗は激減します。

つまり、大切なのは
感覚をロジックで捉え直すということ。

ビジネスでは当然の考え方ですけれど
日常生活において「感性」を「ロジック」で捉え直すことって
あまりないんですよね。

年を重ねるそのうちに……

自分に似合うファッションがよくわからないなぁ
と思っているうちに年齢を重ね…

どんどん仕事が忙しくなり…
選ぶのがめんどくさくなり
…
「まぁ、いいか」でユニクロで服を買い
無難な人になっていく……
こんな傾向、心当たり、ありませんか?

あ、自分かも、とおもったら…
次回も読んでね!

 

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>