暮らしとデザイン 手作りを楽しむためのアイディア Like a bird

like a bird

このままではマズい! 医師に注意され健康管理開始!

アイコニック

先日検診を受けたのですが、
医師にこれ以上太ってはダメ!
と言われて、深く反省。

最近、食欲にまかせて 食べてしまっておりました……
現代社会の環境下では
あっさり太ってしまうんですね。

食事の管理なんて、大の苦手分野なのですが……

できない自分を責めず(笑)、
正しい知識を得て、実践しようと決意しました。

より健康で生き生き、そしてもっと素敵な自分に出会うために
これから、頑張ってみたいと思います。

 

早速、問題がありそうな癖をピックアップ!

●空腹を感じると、その辺にあるものをパッと食べてしまう
(夫と比較して、空腹を我慢する、という感覚に乏しい。
母親の食習慣の影響か。
お昼から夕飯の時間に空腹になるので、その間に手軽に食べてしまう。
しかも、カロリーが高く栄養価の低いお菓子が多い!)
●おなかがいっぱいであっても、好物があるとついもう少し食べてしまう!
●クッキーなどのカリッとしたものが好き
(サクッとか、カリッという感覚が好き!)
●ストレスをスウィーツで解消する傾向がある
(たいしてストレスはないんですが……)
●誰かのために食事をつくるのはわりと好きだけれど、自分のためにていねいにつくる気がおきない
(夕飯以外はそんなに時間をかけたくない)
●ドライフルーツ・ナッツなど乾燥した食べ物が好きで、食べ過ぎの傾向

なんだか、ぐったりしてきますが……
逆に、よいところもあるはず!

●夕飯はしっかりつくる気になるが、凝りすぎる傾向も(つくること自体は、キライじゃない)
●お菓子はもらったものが多い(自分ではあまり買わない)
●添加物が入っていない食材や、旬の食材を好んで使っている

手間がかかりすぎると嫌だけれど、
作ること自体は好きなのが救いですね。
もともと、アレルギー体質なので食材には注意していたのも
我ながら、良いところですね!

しかし…… 空腹を我慢するという選択肢は見当たらないので
下記の通り、方針を決めました!

1.一つ一つの料理にあまり手間をかけない。
翌日の朝・昼の準備も夕飯をつくるときにしておく。
2.今までよりも、カロリーが低く、栄養は高いおやつを見つける。
3.健康のため、知識を得て、NG食材を決め、それを含むものをできるだけ食べないことにする。
4.一食一食、蔑ろにせず、命をいただくと思ってていねいに、楽しんで食べる。

一度、正しい食生活を身につければ
きっと今後の家族の健康に役立つはずですね!
いままで避けてきたところですが、この機会にカイゼンしたいと思います!

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>